windbandpress.net
吹奏楽ファン必聴!シンフォニエッタ 静岡 第56回定期公演 ~ブラスのひびき~(2019/3/3:グランシップ中ホール(静岡市))
独自のプログラミングが光る静岡を拠点とする室内オーケストラ、「シンフォニエッタ 静岡」の第56回定期公演が開催される。 今回の公演は「ブラスのひびき」と題し、金管楽器19名、打楽器6名による公演となっている。 2019年に生誕100年を迎えるネリベル作品の日本初演や、吹奏楽の世界でもよく知られる、A.リードの「オセロ」オリジナル編成版、フランスの作曲家たちによるファンファーレなど注目のプログラム。 またトマジ作品には静岡県焼津市出身、二期会所属のソプラノ・加藤早紀がソリストとして出演する。 公演詳細は以下の通り。 シンフォニエッタ 静岡 第56回定期公演 ~ブラスのひびき~ 日時:2019年3月3日(日)14時開演 会場:グランシップ中ホール(静岡市) 指揮:中原朋哉 ソプラノ:加藤早紀 ◆ プログラム: デュカ:「ラ・ペリ」へのファンファーレ ネリベル:金管と打楽器のための音楽(日本初演) ルーセル:異教徒の祭典のためのファンファーレ A.リード:金管と打楽器のための交響曲 ドビュッシー:劇音楽「リア王」ファンファーレ A.リード:交響的素描「オセロ」(オリジナル編成版) ドビュッシー:劇音楽「聖セバスチャンの殉教」ファンファーレ トマジ:典礼風ファンファーレ ◆ 【出演予定】 ★トランペット 野沢岳史(国立音楽大学卒、東京交響楽団、シンフォニエッタ 静岡) 山本英助(国立音楽大学卒、元南西ドイツフィルハーモニー管弦楽団首席、国立音楽大学特任教授) 築地徹(東京藝術大学、ウィーン国立音楽大学卒、ウィーン・トランペット研究会) 奥田敏雄(東京藝術大学卒、okura+mute(オクラプラスミュート) 製作者) 依田泰幸(武蔵野音楽大学卒、東京ニューシティ管弦楽団、VIVID BRASS TOKYO) 川村大(昭和音楽大学卒) ★ホルン 月原義行(武蔵野音楽大学卒、尾瀬の郷親善大使、シンフォニエッタ 静岡) 曽根敦子(武蔵野音楽大学卒、元東京交響楽団、シンフォニエッタ 静岡) 鈴木希恵(昭和音楽大学卒、桐朋学園大学研究科修了、東京吹奏楽団、シンフォニエッタ 静岡) 伊東輝道(武蔵野音楽大学卒) 吉野章子(桐朋学園大学音楽学部卒 同大学研究科修了) ★トロンボーン 加藤直明(東京藝術大学卒、BazzFive、シンフォニエッタ 静岡)