wandering-engineer.tech
【Android】今更知るgradle.propertiesの便利な使い方【個人開発】
令和最初のpostとしてはまず今日知ったことを書きたいと思います。 Androidアプリ開発をしていて、app.gradle(またはbuild.gradle)はよく目を通します。 例えばGoogleのsupport libraries群の更新などがあった場合や新しいライブラリをgradleというシステムで管理し、変更を加えたりします。 今回のネタを書こうと思ったのは自作AndroidアプリTwitMorseにAdmobの実装をしてみようかと思い、開発を始めたのがきっかけでした。 Admobとは簡単に言えばiOS,AndroidにまたがるGoogle Adsenseみたいな広告です。 よく、無料アプリの画面の下方に広告バナーがあったりするじゃないですか。アレです。 今まで完全に広告無しで運用していたのですが、アプリの開発のモチベーションを高めるには、やっぱりお金になるようなことをしないとな、と思い立ったのです。まあ実際にリリース版にAdmob広告を載せるかどうかはともかく、ちょっと使い方だけ勉強してみようと思い開発に着手しました。 gradle.propertiesの役割 恥ずかしながら、これまではGoogleの公式ドキュメントの通りに書き足したり、真似事で値をセットする程度にしか使っていませんでした。 要するに、gradle.propertiesのキチンとした使い方を知らなかったのです。 Android Studioにおけるgradle.propertiesには意外に便利な活用方法がありました。 ちょっと恥ずかしいですが、ここでTwitMorseにおけるgradle.propertiesを一部公開したいと思います gradle.properties android.enableJetifier=true android.useAndroidX=true ## Admob admobBannerIdforDebug=ca-app-pub-3940256099942544/6300978111 admobBannerIdforRelease=ca-app-pub-XXXXXXXXXXXXXXXXX/XXXXXXXXXX