vonds.jp
【ハロウィン企画】紙コップと色画用紙でジャック・オ・ランタンを作ろう! | VONDS(ボンズ) 〜 親と子が成長するランドセル
ハロウィンの季節が近づいてきました。ハロウィンは10月31日に世界的に行われるイベントで、もともとはアイルランド発祥の宗教的行事でした。秋の収穫を祝うとともに、仮装をすることで厄払いをする祭日でもあったそうです。 今日では日本でも、ハロウィンはポピュラーなイベントとなりました。「トリック・オア・トリート」の言葉で子どもたちがお菓子をもらえる日でもあります。 この記事では、ハロウィン・パーティーを楽しくしてくれる「ジャック・オ・ランタン」(かぼちゃのオバケ)を紙コップと色画用紙で手作りする方法をご紹介いたします。作り方は難しくありませんので、お子さんと一緒に工作を楽しむのもおすすめです。 工作その1 「暗闇で光る! 紙コップのジャック・オ・ランタン」を作る 最初に作るのは、暗闇のなかで光る、ちょっと本格的なジャック・オ・ランタンです。なんと紙コップと簡単な道具だけでできます。 制作にあたって用意する材料は ・色のついた紙コップ ・懐中電灯(上向きに自立するもの) ・輪ゴム の3点です。 また、制作のための道具として ・黒マジック ・セロハンテープ があると良いでしょう。 写真にはカッターナイフとハサミが写っていますが、今回の工作では使いません。親御さんが手伝ってあげれば、幼稚園くらいのお子さんでも安全に作ることが出来ます。 色画用紙や紙コップ、懐中電灯などは100円ショップでも手に入ります。総予算として500円もあれば、十分賑やかなハロウィンオブジェが作れます。 まずは黒マジックで、紙コップにジャック・オ・ランタンの顔を描きます。紙コップですので、マジックは水性のものでも大丈夫です。 100円ショップへ行くと、30個入りのカラフルな紙コップが売られています。この紙コップを買っておくと(ハロウィン以外にも)さまざまな工作用途で活用できます。 歪んだ面に顔を描いていくことになります。ちょっと手先の器用さが求められる作業となるため、事前に鉛筆で薄っすらと下書きを描いておくと万全です。