vonds.jp
幼児の肌の特徴とスキンケアで気をつけたい3つのポイント | VONDS(ボンズ) 〜 親と子が成長するランドセル
子どものスキンケアの常識は、今と昔とで大きく変わっています。 例えばかつて子どもの健康のためにと推奨された「日光浴をして真っ黒に日焼けすること」が今日ではまったく勧められない健康法であるのは、よく知られた話です。 時代の移り変わりで従来の育児常識が塗り替えられてしまうケースは珍しくなく、それは子どものスキンケアについても同様です。 健康維持・病気予防のためのスキンケアでは、はじめに子どもの肌にどのような特徴があるのかを知っておくことが大切です。そこで当記事では、幼児期のお子さんのスキンケアを考える上で、とくに押さえておきたい知識をご紹介いたします。 幼児の肌の特徴 じつは幼児と大人の皮膚とには、さほど大きな構造上の違いはありません。 しかし乳幼児の肌は、大人とくらべて皮脂を分泌する機能が未熟です。 皮脂は肌を覆うバリア(皮脂膜)となり、角質の水分を保持すると同時に、外からの異物(アレルゲンやウイルスなど)が体の中に侵入するのを防いでくれます。 皮脂分泌の少ない乳幼児の肌は、そのため乾燥や刺激には弱いのが特徴です。十分な免疫力がついていないことから、皮膚感染症にかかるケースもよく見られます。(子どもの皮膚疾患では母斑・血管腫、湿疹・皮膚炎に次いで、皮膚感染症が多いです。※1) いわゆる乾燥肌のことを「ドライスキン」と呼びますが、乳幼児はドライスキンになりやすいとされます。肌からの水分蒸発を防ぐ皮脂が少ないため、子どもの肌は意外にも保湿力が弱いのですね。 まとめると、子どもの肌には「乾燥と刺激に弱い」という特徴があります。したがって子どものスキンケアではいかに「保湿」をするかが重要なポイントとなってきます。 では子どものスキンケアでは具体的にどのようなことに気をつければ良いのかについて、3つのポイントに分けて詳しく見ていきましょう。 1.お風呂の温度はややぬるめに設定する 乳幼児の入浴では、今と昔とで考え方が異なっている部分もあるので注意が必要です。 例えばお湯の温度。熱めのお風呂がお好きな方は41℃前後で設定されているかもしれませんが、これは小さな子どもの肌にとっては熱すぎます。