vonds.jp
子どもの風邪予防のために知っておきたい手洗いうがい習慣と予防接種の話 | VONDS(ボンズ) 〜 親と子が成長するランドセル
子どもの風邪予防のために親ができることは、大きく分けて2つあります。ひとつは幼児期のうちに「手洗いとうがい」の習慣をつけさせること。もうひとつは、インフルエンザの予防接種について調べておくことです。 手洗いとうがいは、もっとも簡単で効果的な、風邪の予防法です。子どものうちから手洗いとうがいの習慣を身につけさせる方法について、この記事ではご紹介いたします。 子どもに手洗いの習慣をつけさせる 「手洗い」は、風邪の菌やインフルエンザ、ノロウイルス等の接触感染を防ぐための習慣です。手洗いの時間は、目安として30秒程度。「ハッピーバースデーの歌を2回歌い終わるくらいの長さ」とよく言われますが、実際にやってみるとけっこう長いものです。 手のひらはもちろん、手の甲、指と指のあいだ、指先、そして忘れがちですが手首も含めてしっかりと洗います。プッシュ型の薬用ハンドソープを洗面所に置いておくと便利です。 習慣が身につくまでは意外と大変で「子どもが手洗いを嫌がってやってくれない」という話はよく耳にします。風邪予防と手洗いの大切さを教えてあげるのと同時にぜひ試してみてほしいのが、手洗いをしやすい環境を整えることです。 一般に洗面所は、大人の身長で使いやすいように設計されています。子どもが手洗いをするためには、腕をいっぱいに伸ばさなければ水に届きません。このときに役立つグッズが2つあります。 ひとつは、洗面所に置ける、子供用の踏み台です。それからもうひとつは「ウォーターガイド」と呼ばれる、蛇口の流水位置を手前にしてくれるアイテムです。これらの補助グッズを活用して「子どもが手を洗いやすい環境」を作りましょう。 うがいの練習は段階を踏もう 我々大人は普段なにげなくうがいをしていますが、幼児期の子どもはうがいを習得するのに練習を必要とします。口腔機能がまだ発達していない乳児期ではうがいそのものが難しいですし、4歳くらいでもガラガラと喉を洗浄する「ガラガラうがい」はまだハードルが高いです。うがいの練習はステップを踏みましょう。