vonds.jp
子どもにおすすめ! カルシウム抜群の簡単料理レシピ3選 | VONDS(ボンズ) 〜 親と子が成長するランドセル
カルシウムは子どもの成長には欠かせない栄養素です。 厚生労働省の公表する「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、6~7歳の児童が摂取するカルシウムの推奨量が男児で585mg/日、女児で538mgとされます。これはおよそ牛乳コップ2.5杯分の量に相当します。 牛乳があまり飲めないお子さんですと、やはりカルシウム不足が気になるところかもしれません。そのような場合に、牛乳以外でカルシウムを豊富に摂れる家庭料理のレシピをいくつか知っておくと重宝します。 この記事ではカルシウム抜群で手軽に作れる料理レシピを3つご紹介いたします。 しらすと卵の野菜炒め イワシやイカナゴの稚魚である「しらす」はカルシウムとビタミンDが多く含まれます。100gあたりのカルシウム含有量では牛乳の5倍近くもあると言いますから驚きです。 一方で、小松菜や大根葉、カブの葉もカルシウム豊富な緑黄色野菜としてよく知られます。しらすとこれらの野菜とを組み合わせることで、栄養満点の野菜炒めを作ることができます。 (準備する材料) ・小松菜(または大根葉、カブの葉) ・タマネギ ・卵 ・しらす ・鰹節 ・A[和風の場合]醤油・みりん ・B[中華風の場合]鶏ガラスープの素・塩こしょう (調理手順) 1.タマネギを0.5cm程度の薄切りにし、サラダ油を熱したフライパンに入れ中火で炒めます 2.タマネギがしんなりとしてきたら1cm程度にざく切りにした小松菜、しらすを入れます 3.調味料を入れ、炒め合わせます 4.フライパンに溶き卵を回し入れ、卵が固まったら最後に鰹節をトッピングして完成です (味付けのポイント) 調味料は和風に仕上げるのであれば、醤油とみりんの組み合わせがよく合います。配分は醤油とみりんで1:1にすると失敗がありません。量は小さじ1杯くらいで加減を見て、足りなければ追加していく方式が慣れないうちは無難です。 中華風に仕上げる場合は、鶏ガラスープの素と塩こしょうとを組み合わせます。子ども用に作る場合、味付けは薄味を心がけます。鶏ガラスープの素はついかけ過ぎてしまうのですが、小さじ1~2杯で十分です。