vonds.jp
高学年からリュックに切り替える人が多いのはなぜ?(ランドセルを卒業まで使い続けるために) | VONDS(ボンズ) 〜 親と子が成長するランドセル
ランドセルは、小学校入学から卒業まで使い続けることを想定して製品開発されています。 しかし実際問題として、ランドセルが必ず小学校生活の最後まで使われるかと問われれば、そうではありません。小学校高学年になる頃には、通学カバンがランドセルからリュックサックへと切り替えられてしまうケースも多いのです。 ランドセルはリュック等と比べると値が張る製品ですし、何より6年間の長期使用に耐えうる高い耐久性を誇る通学カバンです。にもかかわらず数年で使わなくなるのは、少しもったいない話であるといえます。 この記事では、小学校の途中でランドセルからリュックに切り替える人が少なくないのはどうしてかについて、調査をおこないました。 (アンケート)ランドセルを小学校の最後まで使いましたか? 最初にアンケート調査をおこないました。小学校をご卒業された方、お子さまのいらっしゃる方を対象としたアンケートに、計100名の方がご協力くださいました。結果は次の通りです。 【質問】ランドセルを小学校の最後まで使いましたか? ・小学校入学~卒業まで使い続けた 76.0% ・途中でリュックサック等に切り替えた 24.0% (※調査協力:ランサーズタスク 2018年/回答者数100名) 結果としては、大多数の方(76名)がランドセルを小学校入学から卒業まで使い続けたとご回答されました。一方、途中でリュックサックに切り替えたとご回答された方も24名いらっしゃいました。 先にご紹介をいたしますと「ランドセルを最後まで使い続けた」と回答された方からは下記のようなコメントを頂きました。 ・高かったが丈夫で長持ちしたので良かった。 ・卒業式の日に、友だち同士でランドセルにメッセージを書き合うしきたりがうちの学校にはありました。それを楽しみに最後の日までランドセルを使っていました。卒業後も大切に保管しています。 ・祖父母に買ってもらった思い出の品で、6年間使い切ると心に決めていました。長年使用で傷むこともなく、使い心地も良かったです。