vonds.jp
事故防止学から考える幼児の安全のためにできること | VONDS(ボンズ) 〜 親と子が成長するランドセル
幼児期の子育てにおいてとくに気をつけたいのが、事故防止のための安全対策です。というのも1~9歳の乳児期・幼児期・児童期のそれぞれにおいて「不慮の事故」が死因の第二位を占めているからです。 ※典拠:厚生労働省『人口動態調査』平成27年 命にかかわる不慮の事故で最も多いのが、交通事故です。次いで窒息、溺水、転倒、火事と続きます。 幼児期に入ると子どもは活発に動き回り、危険をかえりみず(好奇心旺盛に)何にでも挑戦してしまいます。もちろんそれは成長のためには好ましいことなのですが、私たち大人はそのなかで、事故発生リスクを最小限にするための努力をしなければなりません。 この記事では事故防止学の観点から、私たちがどのように子どもの安全対策を心がければ良いのかについて考えていきましょう。 「楽観バイアス」が引き起こす事故 人間は、ある物事に対して、その価値を過大評価・過小評価してしまう性質を持っています。これは「認知バイアス」と呼ばれるもので、社会心理学や行動経済学の分野で研究が進んでいます。 例えば、普段なら買わないような価格で売られている商品なのに「50%OFF」「期間限定 大特価!」の表示を見て、つい手が伸びてしまった経験はありませんか? モノ自体の値段よりも、それに付加する情報の方を過大評価し、意思決定が引きずられてしまう。これはアンカリング効果として知られる、価値判断の歪みのひとつです。私たちは普段の生活のなかで知らず知らずのうちに、認知バイアスの影響を受けています。 認知バイアス、すなわち子どもの不慮の事故は往々にして「リスクを過小評価すること」によって起こります。 近所を運転するだけだからチャイルドシートはしなくても大丈夫。他の子もしてないから、ヘルメットを着用しないで自転車に乗せても大丈夫。浅くしかお湯を張っていないから、まさか少し目を離したくらいでお風呂に溺れることはないだろう。入浴剤を飴と間違えることなんてないはず。ベランダの柵は子どもには登れないはず。 そういった「万が一の危険があることは理解しているが、その万が一はまさか自分の身には降りかからないだろう」という偽りの安心感を持って判断してしまう性質を「楽観バイアス」と呼びます。