vonds.jp
ランドセルは昔と比べてどう変わったの? アンケートから考えるランドセルの未来 | VONDS(ボンズ) 〜 親と子が成長するランドセル
明治時代から子どもの通学かばんとして使われているランドセルですが、昭和、平成と経てその在り方も移ろい変わってきました。平成に入ってからの30年だけで見ても、ランドセルの機能やデザインは大きく進化を遂げています。 この記事では「昔と比べてランドセルはどのように変わったか」について、100名の方にご協力いただいたアンケートを元にご紹介いたします。 「ランドセルは昔と比べて良くなった」と感じている人が9割近く 【質問】最近のランドセル製品についてどう思いますか? ・昔と比べて良くなった 89名 ・昔とあまり変わらない 6名 ・昔と比べて悪くなった 5名 (有効回答者数100人 調査協力:ランサーズタスク2018年) 今回実施したのは完全匿名のアンケートでしたが、嬉しいことに89%と大多数の方が「ランドセルは昔と比べて良くなった」とご回答くださいました。 良くなったと感じる具体的なポイントについて伺ったところ、次の3点が主な理由として挙げられました。 1.カラーやデザインが増えた 2.収納力がアップした 3.機能性がアップした 以下ではそれぞれについて、実際に寄せられたコメントをいくつかご紹介させていただきます。 子どもひとりひとりの個性を尊重するランドセルのカラーとデザイン かつては「男の子は黒、女の子は赤」と画一的に考えられていたランドセルも、今では本当にカラフルで彩り豊かです。アンケートでは、現代のランドセルの良いところとして、カラーバリエーション・デザインの豊富さを挙げる声が最も多かったです。 実際に次のようなコメントをいただきました。 『カラーやデザイン(刺しゅう入りなど)が増え、選ぶことが楽しくなって来たと思います。』 『色や素材の種類が豊富で子供の個性を尊重できるようになったなと思います。』 『昔は黒と赤しか色の選択肢がありませんでしたが、最近はかわいいものから渋いものまで子供の好みで選ぶことができ楽しいです。』