vcosp.com
【レビュー】ホライゾン:ゼロ・ドーン Horizon Zero Dawn(PS4)
ユーキさんという面白いゲーム実況者の方がいるんですけど、その方がやっていたゲームのうちの一つ『ホライゾン:ゼロ・ドーン』(Horizon:Zero Dawn)がめっちゃ面白そうで、PS4を買う前から"買ったら絶対やるリスト"に入れていました。 1年ほど欲しい欲を温め、ようやくプレイできたのがちょうど1ヶ月前だったんですけど、 まぁアレ、すごいゲームだったよ(迫真)。 現在、ダウンロードコンテンツも含めて一通りクリア。トロフィーコンプリート率は70%を超えましたし、そろそろこのへんでレビューしていきます。 PR "西暦3000年の原始時代"を旅するオープンワールドアクションRPG 『ホライゾン:ゼロ・ドーン』は、オープンワールドシステムを採用したアクションRPG。 "機械が相手のモンハン"って表現する人もいて、確かに感覚は近いものがあります。 機械には馬、虎、牛、鷲など既存の動物の姿を模したものが多い 機械が野生化、自動音声は神の声。世界観がすげぇ 舞台は西暦3000年代の原始時代。一見すると語義矛盾しているようですが、西暦2000年代後期に文明が崩壊し、1000年かけて新たな文明が再構成された原始時代が舞台となります。 文明崩壊の原因は暴走した人工知能と、有機物をバイオ燃料として無限に増殖する機械が地上を跋扈するようになったこと。 こんなんがウヨウヨいる 太古の人類(が今の私たちに相当します)のほとんどとは死に絶え、大型肉食獣は絶滅した世界。現人類は機械を"自然の一部"とし、ほとんどイチから文明を再構築しつつあるという世界背景の中、主人公・アーロイは、出生の秘密を探るために旅に出ます。 高層ビル、高速道路、軍事施設、ダム、乗用車、戦車、その他さまざまな構造物が放棄され、朽ち果て、自然の風景の一部になっているスポットがゲーム内随所に。 廃墟フェチは悶絶するかも "機械が自然の一部だったら"という仮説と、それを元に構築された世界 『ホライゾン:ゼロ・ドーン』の世界では、電気・機械・電子機器・人工知能といったものは"太古の人類"の技術とされ、オーパーツ扱いです。 施設や建物は"遺跡"だし、自動音声が流れると神の啓示を受けたみたいにみんなびっくりしてひれ伏すシーンがあってめっちゃ面白いww 太古の人類に関する音声データ、文献も閲覧可能