vcosp.com
"誠実さ"は現実世界における根性スキルである
今日はちょっと、最近強く実感することについて書きます。 "誠実さ"は現実世界における根性スキルである、というお話です。 PR "根性スキル"とは? まず「"根性スキル"ってなに?」ってところから説明しなければなりませんね。 根性スキルとは、ゲームにおける概念で、"HPが0になっても一定確率でHPが1残り、戦闘不能にならない"特殊能力のことです。 『モンスターハンター』が代表的ですが、最近はさまざまなゲームで導入されていますね。 ちなみに私が知る限りでは『ヴァルキリープロファイル』のGutsスキルが初出だったと思います。 根性スキルは現実世界にもある 実はこの根性スキル、現実世界にもあります。 といっても、交通事故に遭いそうになった時に間一髪助かるとか、夢に出てきた人にアドバイスされるといった、神のご加護めいた"運"の話ではありません。 私の大好きなゲーム『Skyrim』の盗賊ギルド関連のストーリーではこのような"運"の話が出てきますが、それはさておきもっと人智の及ぶ範囲で、論理的に説明できなくもない話だったりします。 私が数百万の損害を出し、間一髪助かった話 たとえば仕事で、プライベートで大失敗してしまい、自分で収拾がつけられなくなったとします。 取引先の人、お偉いさんを怒らせてしまった とても高額、あるいは一点モノである他人のものを汚損してしまった 大事な約束を破ってしまった 「どうもなんねぇ……」「よし、死のう☆」ってことありますよね。 ない? そうか、あなたは運がいい。 私は仕事やプライベートで、自分の力ではどうにも解決できない失敗をしてきました。それも数え切れないくらい。 一番ひどかったのは、灯油ポンプの電源をオンにしたまま寝てしまい、下の階の方に大迷惑をかけてしまったことですね。 本来なら何百万円クラスの弁償が必要なところを、役所の方があちこち掛け合ってくださったお陰で、私は十数万円程度の弁償で済みました。 「何十年かけてもお支払します」ってもう完全に腹くくってたので、逆にびっくりしましたね。 「日頃の行いがいいんだよ」 この時、役所のえらい人とか、職場の先輩によく言われたのが、いわゆる「日頃の行いがよかったんだよ」的なことでした。 (もちろん「ほんと何やってんだお前」みたいなことも散々言われたよww)