vcosp.com
北海道でコスプレイヤーと交流できる主要なイベント5つ
コスプレ文化と全く接点のない人からよく聞かれる質問の一つが「どこでコスプレしてるの?」というもの。 最近はハロウィンや町おこしイベントなどで、昔に比べれば目にする機会は増えましたが、それでも一般の人の感覚としてはまだまだ「ゲリラ的に隠れて行われているもの」のようです。 今回は「コスプレイヤーと全く接点がなくても、フラッと行って気軽に交流できる主要な道内イベント」をまとめてみました。 コスプレイヤーに会えるイベントは大きく分けて3種類 スポンサードリンク コスプレイヤーと交流できるイベントは大別して3タイプがあります。 ◎コスプレイベント併設の同人誌・同人グッズ即売会 同人誌・同人グッズ即売会ですが、会場内でコスプレして参加できるようになっているイベント。 屋内で行われ、必然的に人口密度が高くなるのでコスプレイヤーを見かけやすく、交流という観点では最もおすすめです。更に、特定のジャンルに絞ったオンリー系のイベント(「東方神居祭」など)なら、好きなジャンルを狙い撃ちしやすくなります。 ○街系ポップカルチャーイベント 「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ」など、街全体をコスプレイヤーに開放した大規模イベント。 広い範囲に渡って行われるため、ガチで写真を撮りたいコスプレイヤーは各ロケーションに散らばりますが、だいたい本部付近や人通りの多いところではステージイベントや痛車の展示会などの催し物があるため、交流やイベントの空気感を楽しみたいエンジョイ勢が固まっている場合が多いです。 また、コスプレをしない人は、その辺を見て歩くだけであれば参加料が掛からないというメリットもあります(コスプレイヤーは更衣室利用料という形で有料の場合がほとんどです)。 △アニクラ・コスプレダンパ アニクラ(アニソンクラブイベント)、コスプレダンパ(コスプレダンスパーティ)もコスプレ参加者の多いイベントです。 ただしこちらは、会場内の音が大きいため交流は非常に困難です。また、これらのイベントはあくまで主役が曲やダンスであるため(参加しているコスプレイヤーも概ね、歌って踊り散らかしたい一心で来ています)、ここで交流を広げようとするのは得策ではありません。よって今回は割愛しています。 まあ、会場から出てロビーで休憩している人に話しかけるという手はあるかもです。 北海道の主要なコスプレ可能イベント