vcosp.com
コスプレイヤーとお近づきになりたい一般の方へ
コスプレをしていると、イベントで一般の方(コスプレをしていない人)に声をかけられることは多いです。 私の体感では、一般の方の属性は10代の女の子から40代のおじさんまで様々です。街系だとおばあちゃんもいるよww 一般の方にとって、コスプレは物珍しいし、クオリティの高い人はもっと近くで見てみたいし、仲良くなりたい。そんな理由から、コスプレイヤーとお近づきになりたい一般の方も多いかと思います。 では、一般の方がコスプレイヤーと仲良くなるためにはどうしたらいいでしょうか? 今回はコスプレイヤーの視点から方法をまとめてみました。 PR 浅めに、定期的に絡んでいこう 唐突ですが、心理学用語で"単純接触効果"ってありますよね。 初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくる、という効果。 引用:単純接触効果 - Wikipedia 近所のコンビニとかで、店員さんに勝手に親近感持っちゃうことがあるかと思います。ああいうやつです。 これを応用して、お近づきになりたいコスプレイヤーさんには、見かけたらとりあえず声をかけてください。「写真撮らせてください!」とかでいいです。 「そんだけ!?」と思われるかもしれませんが、そうです。そんだけです。そんだけを定期的に行うこと。 重要なのは、コミュニケーションの密度ではなく回数。込み入った話を1回するよりも、あいさつを10回するだけの方がよっぽどいいんです。 必死になりすぎてはいけない やりがちなのが、1回の絡みで可能な限り友好度を上げようとしてウザがられるパターン。「必死だな」って思われるだけです。 友好度は少しずつ、定期的に上げていく発想に切り替えてください。1回の絡みはあくまでサラッと。 私の場合、お近づきになりたいコスプレイヤーさんばっかり追いかけるんじゃなくて、他にも10人くらいを平等に追いかけるようにしています。必死さが分散され、いい感じに肩の力が抜けるのでオススメです。 まずは覚えてもらうところから コスプレイヤーは1回のイベントでかなり多くの人から声をかけられます。「わたし人の顔を覚えるのが苦手なんで……」って言ってるコスプレイヤーさんも多いですが、別に苦手ってことはありません。普通の人が一度に覚えきれないほどの人数に会っているというだけです。