usqua-re.com
塩見 鮮一郎 「江戸の貧民」 | USQUA-RE CONSULTING
なんと無く惜しい本だった。作者の塩見鮮一郎は知らない人だった。自分の関心は地理的なことと市井に人の暮らしぶりの関連からだったので、冒頭三分の一くらいまでの浅草周辺の部分は興味深かったのだが。後半は身分制度に関する記述がほとんどになっていったのと、前半の文体、あるいは視点というか描写の仕方と変化してしまって、全体として読みずらくなってしまっている。新書のためか現代に結びつけてまとめなければいけなかったのかもしれないが、思い切ってタイトル通り「江戸の貧民」について掘り下げてくれた