usqua-re.com
フラット35 親族居住用 | 公認不動産コンサルティングマスターとは | USQUA-RE CONSULTING
住宅金融支援機構のフラット35には、とても便利な融資タイプがあるが、うまく利用することで役に立つのは「親族居住用」融資である。 基本的に融資を受けて購入するユーザーの子もしくは親の為の住宅を購入するための融資だ。 ユーザー自身は一定の基準はあるが住宅ローン返済中でも、別口でローンを組むことが可能でしかも、住民票を移す必要はない。つまり同居が必須ではないということ。 対象となる親族は限定されるが、子供に対しては贈与でなく、また親に対しては将来相続が発生しないスタイルで住宅の購入