usqua-re.com
借地取引不成立で考えるのつづき | USQUA-RE CONSULTING
借地取引不不成立で考える のつづき我々がかかわって行う予定だった取引は、結局所有者本人の状態が後見人が必要な状態であったことが、契約直前で発覚し不成立になった。我々の窓口の担当者は、高齢であることや施設に既に入所していることなどに鑑み、早い段階から司法書士による本人確認の機会を、売主に求めていたのだが、争いのある相続予定人たちの中で意思統一ができず、結果として一番「声の大きい」人物が不要だと言い張っていたことで、直前まで確認できなかったことが悔やまれる。