usqua-re.com
何時まで続けるつもりなのだろうか? | USQUA-RE CONSULTING
日銀は現状の施策を当面変更しないという内容の会見を行った。世界経済の下振れリスクは認識しつつ、日本国内において経済は緩慢ながら拡大しており、緩和も引き締めもおこわない、つまり今と何も変更しないと理解した。確かに意図的に作り出された円安状況によって、株価や地価はそこそこの水準になっており全般傾向としては最悪期にあるとは言えないと思う。実態としては、富裕層はより豊になり、通常の家計は物価上昇・地価上昇によって生活レベルは低下していると感じている。土地・株