usqua-re.com
不動産業の現場から見た入管法改正 | USQUA-RE CONSULTING
住宅系の不動産の仕事をしていると、個人のお住まいに伺うことは日常的に非常に多い。また特定のお宅に伺うわけでもなくチラシを配ったりすることもあるので集合住宅は、どなたが住んでるかはよくわからないけれどポストまでは良くいきます。時々ドキッとするのは、ポストの表札が全部、日本語じゃないときがあるのです。エントランスまで漂う強いスパイスや調味料の香りで済んでる人はわかります。大田区でも結構社宅なのかなと思うほど外国人ばかりのマンションはありますね。販売の場面では、その物件の場所でも