unrealengine-suruyo.com
Nvilでリトポするよ。-準備編-
さて、Twitterでもチラッとつぶやいたけど、 NvilをSteamで購入しました。 この記事のタイトルが「準備編」ってなってるけど、 購入の経緯と、実際にリトポするまでを今回はとりあえず。 Nvilを選んだ理由 まずは、そう。 ZBrushを今、せっせとやっているわけだけど、 リトポどーする?って問題にぶち当たりました。 まだはじめてのモデリングなので、とりあえずZRemesherでサクッと簡単にやっちゃえばいいっしょ…って思ってたんだけど、 これから仕事でも使うことも出てくるし、リトポに自信がなくて実際にひとつ仕事を逃してしまったから、この機会にちゃんとリトポをできるようになっておこうと。 そこで、MAYAでペタペタとやっていってもいいんだけど、なにかいいツールはないのかなと。 色々とチェックしました。 最終的に、NvilとBlenderの有料プラグインのRetopoFlowと迷い、下の動画のフェースがバラバラバラっと分割されるのにグッときたのと、まぁ、もしダメだったら次にBlenderを試せばいいかくらいの感覚で一先ずNvilを選択。 ちなみにですが、Nvilはリトポツールではなくモデリングツールとのこと。 キーボードの設定 一先ず、これ↓ リトポ用にSteamでNvilを購入した…が、全然使い方が分からず。 英字配列⁉︎じゃないと動かない⁉︎みたいなので、委託先のキーボードが英字配列なので、じぁってことで同じモノを購入。 コレでなんとかイケそう。 情報が少ないから、分かったことあげてこ。#3DCG #retopo — ZANNI (@zannijp) 2018年9月4日 そうなんです。 仕事場が英字配列キーボードで、自宅で作業するときに結構不便だったから、どうせなら家の環境も英字配列にしちゃえと思いこのタイミングで変更。 実際には、英字配列でなくても使えるのかもしれないのと、インストール直後は使い方が全然チンプンカンプンだったので「できない」と思っていただけかもなので、そこの真偽はここでは控えておきます。 Nvilの初期設定