udictionaryblog.com
[勉強法]成果の出る英語学習を今始めよう! - U-Dictionary
英語学習で結果を出すためには、勉強スケジュールの立て方が重要です。目標設定や計画自体の方向性が間違っていると、どれだけ頑張っても成果が出ないなんてことも……。今回は、成果が出る勉強スケジュールの立て方を具体的なステップでご説明します! 成果が出るスケジュールの立て方3つのステップ いきなりスケジュールを立てはじめるのではなく、「目標」や「勉強内容」を正しく設定することが大事です。最大限の成果を出すためにも、次のステップに沿って設定してみてください。 (1)目標を決める 「英語が話せるようになりたい」や「TOEICで800点取りたい」などの最終目標があると思います。それが2~3ヶ月程度の短期間で達成できるものならば問題ありませんが、あまりにも現状のレベルとかけ離れている場合は達成までの期間が長くなり、その目標を目指す途中でモチベーションが下がってしまいがちです。その場合は、最終目標へのステップとして「2~3ヶ月で達成する目標」を新たに設定してみましょう。 目標を設定する時には、次の2つのポイントを意識してみてください。 ・目標は点数やレベルなどの測定可能な数値で設定する ・今回の学習期間で実現可能な目標を立てる (2)目標に合った勉強法を決める 例えば、日常英会話の習得を目指しているのに、一切英語を話すことなく問題集ばかり解いていたら、目標達成は難しいですよね。自分の目標を達成するために最適な勉強法をチョイスする必要があります。どんなスキルを伸ばすべきか、どういう方法で伸ばすのが良いか、考えてみましょう。 問題集や学習方法を決める時には、最初は背伸びしすぎず、楽しんでできるレベル感を選ぶのがオススメ。行動科学マネジメントの観点からも、ハードルを低くすることが大事だと言われています。 たとえば、はじめて跳び箱に挑戦する人が、いきなり8段を跳ぼうとしてもできるはずがありません。2段くらいが跳べるようになったら次は3段、4段と増やしていくことで、いつか8段を跳ぶこともできるようになるでしょう。 (『人生を変える行動科学セルフマネジメント』p125より引用) 「できると楽しい」「全然わからないとつまらない」というのが人間の心理です。一つずつクリアしていけるスモールステップ式の計画を立てましょう。 (3)スケジュールを立てる 目標達成予定日から逆算して、スケジュールを立てていきます。次の項目に沿って考え、計画を練っていきましょう。 1.英語学習の目標 例)3ヶ月で英語プレゼンができるレベルになる 2. 月間の計画(問題集何ページまでなど) 例)今月の計画:オンライン英会話毎日25分と予習復習1時間、プレゼンに関連する単語一覧を覚える 3. 週間の計画(月間目標から逆算) 例)今週の計画:毎日英会話+復習、単語一覧1~50まで暗記 4. 1日の計画(週間目標から逆算) 例)今日の計画:オンライン英会話25分、予習30分、復習30分、単語暗記1~10まで 予定を毎日パンパンに詰めすぎないのもポイントです。もちろん計画通りに実行することが望ましいですが、途中で体調を崩したり、仕事が忙しくてどうしても勉強ができなかったりする日も出てくるかもしれません。 まじめな人ほど、一度計画が崩れるとモチベーションが下がってしまいがち。そんな時は週に1日「今週できなかったことをやる」という調整日を予定に組み込んでおくと、余裕が出て続けやすくなりますよ。