ubejournal.biz
宇部空港の台湾チャーター、観光先は北九州 地元消費増が課題
チャイナエアライン(中華民国・桃園市)は、宇部市の宇部空港と台北・桃園国際空港を結ぶ連続チャーター便を3月下旬から4月にかけて5本運航する。同社は昨年9月から宇部空港を発着する7本のチャーター便を運航しており、同空港の台北チャーター便は今年度、過去最大の回数となる。 今年度の台北チャーター便の利用率は訪日・訪台平均で83.4パーセント、特に訪日は87.2パーセントと好調に推移している。ただし、台湾側で発売されているツアーの内容を見ると、訪日観光客の増加が必ずしも地元の宇部市内では消費拡大に繋がっていない実態が見えてきた。 3月・4月のチャーター便を利用する3泊4日のツアーで