ubejournal.biz
下関北九州道路 大臣答弁受け、整備促進大会・中央要望実施へ
官民で構成する下関北九州道路整備促進期成同盟会等の3団体は、12月中に下関北九州道路整備促進大会と中央要望活動を実施する。大会と要望活動は8月にも実施しているが、衆議院国土交通委員会での石井啓一国土交通大臣の答弁を好機と捉え、地元の要望を改めて伝える。 国土交通省は下関北九州道路について「地元の調査検討の状況を見守りたい」とし、長らく態度を明らかにしてこなかったが、石井啓一国土交通大臣は11月16日、「ゼロベースで必要性を再整理」と答弁。11月20日には建設想定ルートを視察し、調査着手の可能性も示唆している。 下関北九州道路整備促進大会は、12月18日に北九州市小倉北区のステーショ