ubejournal.biz
山口FG、平成29年3月期第2四半期決算 通期予想は下方修正
山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)は11日、平成29年3月期の第2四半期決算を発表した。経常収益は前年同期比24億61百万円増の846億41百万円、経常利益は同8億31百万円減の251億46百万円、純利益は同4億72百万円減の169億35百万円だった。 経常収益の増加は、国債等債券売却益、株式等売却益、貸倒引当金戻入益の増加が主因。経常利益の減少は、資金利益や役務取引等利益等の減少によるもの。経常費用は国債等債券償還損の増加等の要因で、前年同期比32億93百万円増加の594億95百万円となった。 山口銀行(下関市)は、経常収益393億01百万円(前年同