ubejournal.biz
長門市、新庁舎の概要発表 ハイブリッド構造では国内最大規模
長門市は17日、長門市役所本庁舎として建設予定の新庁舎の仕様を取りまとめた「長門市庁舎建設基本設計」を公表した。大西倉雄市長が同日記者会見し、新庁舎の構造や規模といった基本設計の概要を説明した。 新庁舎は現在の市役所本庁南側駐車場に建設する。建物は木造・鉄筋コンクリート造のハイブリッド構造で地上5階建、延床面積約7100平米。同種の構造としては日本国内最大規模で、内部には5層の吹き抜け空間を設ける。市民広場と一体化した平屋のエントランス棟も整備する。 フロア構成は、1階・2階が市民サービス・事務室、3階が特別職執務室・災害対策拠点、4階が教育委員会・会議室等、5階が市議会議