ubejournal.biz
下関港に6万トン級クルーズ船・MSCリリカ 10月18日初寄港
下関市は4日、下関港新港地区の人工島・長州出島に10月18日、MSCクルーズ(イタリア・ナポリ)が運航するクルーズ客船「MSCリリカ(MSC Lirica)」が寄港すると発表した。同社のクルーズ客船は今年4月、日本に初寄港。下関港への寄港は初となる。 MSCリリカは、平成15年に就航。船籍はパナマで、総トン数6万5591トン、全長274.90メートル、幅32メートル、高さ54メートル。デッキ数は13層で、うち乗客用デッキは9層。キャビン(客室)数は992室。乗客定員は2679人、乗組員数は721人。最高速度は21.70ノット。 今回のスケジュールは6泊7日で組まれている。1