ubejournal.biz
宇部興産、堺工場の車載用セパレータ製造設備を増強
宇部興産(宇部市、TYO:4208)は29日、堺工場(堺市西区)のリチウムイオン電池用セパレータ(絶縁体)の製造設備を増強すると発表した。増強は車載用リチウムイオン電池の需要増大に対応し、安定供給を図るもので、平成30年4月に完成予定。投資額は非公表。 同社は平成6年に宇部ケミカル工場(宇部市)でセパレータ生産を開始。市場規模の拡大を受け、25年には堺工場にも製造設備を新設した。今回の設備増強は同工場に建設中の新規設備に続くもので、完成後の生産能力は宇部ケミカル工場と合わせて2.5億平米となる。 近年、リチウムイオン電池を用いるハイブリッド自動車(HV)やプラグインハイブリ