ubejournal.biz
岡野バルブ製造、生産機能を行橋工場に集約 門司駅前の用地活用に注目
岡野バルブ製造(北九州市門司区、TYO:6492)は23日、同社のバルブ製造事業の生産機能を行橋工場(行橋市)に集約し、同工場の能力を増強すると発表した。投資額は約30億円。本社隣接地の門司工場からは生産拠点がなくなるが、門司地区は本社機能を強化する。 同社の製造拠点は門司と行橋の2拠点に分散しており、門司工場は建物や生産設備の老朽化が進んでいた。行橋工場への生産機能集約とともに最新鋭の機械設備を導入し、生産能力を増強することで、生産効率向上やコスト競争力強化、短納期化を図る。 新設備の建設地は行橋工場敷地内の同社所有地。資金は自己資金と借入金で充当する。新設備は来年1月着工、8月