ubejournal.biz
空港施設、北九州空港飛行整備用格納庫の計画概要発表
空港施設(東京都大田区、TYO:8864)は12日、北九州市小倉北区のリーガロイヤルホテル小倉で開催したMRJ北九州空港活用計画説明会で、北九州空港に建設中の飛行整備用格納庫の計画概要を発表した。 北九州空港飛行整備用格納庫は、旅客ターミナルビル北側の貨物関連用地内、空港北町6番の敷地1万1029.31平米に建設中。鉄骨造地上2階、建延床面積6670.59平米で、空港内にあるスターフライヤーメンテナンスセンターの約2倍の規模となる。 設計は大林組(東京都港区、TYO:1802)九州支店一級建築士事務所、施工は大林組九州支店。海上の人工島に立地するため塩害対策