ubejournal.biz
北九州市、都市計画道路4号線・5号線の未整備区間など廃止告示
北九州市は17日、都市計画道路4号線や5号線など合わせて14路線の都市計画変更を告示した。変更は市が進めている都市計画道路網見直しの一環で、代替道路が十分整備されている区間や将来の交通量増加が見込めない区間の廃止を進めている。 今回の変更は、平成16年12月に市が取りまとめた「都市計画道路網の見直し(再編素案)について」において「早期に再編すべき地域」と位置づけられた「北九州中央部」の未整備区間と関連する箇所を廃止するもの。 4号線は、門司区浜町から八幡西区幸神三丁目に至る延長約24.98キロメートル、幅員25メートルの都市計画道路として、昭和42年に現在のルートが決定され