ubejournal.biz
小倉駅南口東地区再開発ビルの建築計画 24階建なのに「27階」の理由
北九州市小倉北区のJR小倉駅前で再開発事業を実施している小倉駅南口東地区市街地再開発組合は9日、再開発ビルの建築計画を現地に掲示した。 掲示内容によると、建築物の名称は「(仮称)小倉駅南口東地区市街地再開発事業ビル」で、用途は店舗、事務所、駐車場、共同住宅。敷地面積は4052.03平米。 建物は鉄骨造、鉄筋コンクリート造で、地上27階、地下1階、高さ94.90メートル、延床面積4万710.83平米。住戸数は119戸。 着工予定は平成28年8月15日、完了予定は平成31年4月30日。設計は竹中工務店九州一級建築士事務所(福岡市中央区)の髙山淳二氏。 住戸数の119