tsurezuregusa.com
徒然草 第百三十四段
現代語訳  高倉上皇の法華堂で念仏まみれだった坊さんに、何とかの律師という人がいた。ある日、鏡を手にして自分の…