torinote.net
航路探鳥の持ち物 | Tori Note -茨城の野鳥観察日誌-
自分自身もまだまだ模索中なのですが、航路探鳥を実際に経験したりベテランの方々から教わったりするなかで、これはと思った持ち物やヒントです。 < 航路での観察の特徴 > ▶ 甲板で吹きつける風には見えない塩水が含まれているので、カメラ、双眼鏡、衣服、肌には塩分が付着します。 ▶ 陸は暖かくても、甲板では強い風が吹いており、体感温度が10度くらい下がります。 道具 説明 双眼鏡、カメラ 望遠レンズは最低でも500mm。保護フィルター必須。 甲板でしぶきを浴びたあと、結晶化した塩がついたままレンズ表面を拭くと傷がつくので、ぬるま湯で塩を溶かしてから拭き取ります。そのため、双眼鏡は防水仕様が望ましいです。 折りたたみイス 鳥の出が良い航路なら要らない場合もありますが、鳥の少ない時間帯に甲板で休憩できるよう、持っていけたら持っていきましょう。 S字フック 甲板で荷物を地面に置くと塩水で濡れるため、S字フックを手すりなどに引っ掛けておきます。手すりが太いこともあるので、多少大きめのものを。甲板に持っていくバッグも丸洗いできるエコバッグなどが良いと思います。 カメラの防水グッズ 海水からカメラを守るための準備です。透明ビニール袋(大)、はさみ、養生テープ、ベルクロバンド。 透明ビニール袋(大)で望遠レンズとボディを包み、余分な部分をはさみでカット。養生テープをフードに巻きつけ固定します。それだけだと風でめくれるので、ベルクロ(面ファスナー/マジックテープとも言う)の結束バンドを2本ほど望遠レンズに巻き付けます。隙間をさらに養生テープで封じてできあがりです。ビニールは使い捨てです。 ウエットティッシュ 機材や双眼鏡の塩水拭き取り用ですが、塩がすでに結晶化している場合はレンズの表面に傷がつきかねないので、洗面所でぬるま湯で塩を溶かしながら掃除できればそれがベストです。 フェイスカバー 日焼け、塩水避け、寒さ避けに。冬でも照り返しで日焼けし皮膚が痛くなりますし、塩水を含んだ風で顔がベトベトになります。 衣類、防寒小物 航路は風が吹きすさぶことで夏でも極寒の場合があり、寒さから酔うこともあります。また、逆に突然日差しで暑くなることもあります。最も寒い状況を想定し、衣類は多めに持っていき、重ね着で調整します。