torinote.net
オオジシギ初認~秋の渡りのさきがけ | Tori Note -茨城の野鳥観察日誌-
7/11 涸沼を巡回しました。 ▼巡回の前に自宅のツバメの巣をチェック。親鳥の下から裸のひな(2番子)がニッコリ顔を出しています。(Barn Swallow) ▼田んぼのポンプから水が滲み出て水たまりとなり、ホオジロ、スズメ、カワラヒワが集まってさながら公衆浴場のようになっています。 ▼今日は例年7月12日前後に初認できるオオジシギを求めて田んぼを回りました。 見つけるぞと意気込んでいたものの、全