torinote.net
県北の山(1)~オオルリ&エゾムシクイ | Tori Note -茨城の野鳥観察日誌-
5/2 県北の山を散策しました。 ▼午後遅くからの散策開始で、どれくらいの鳥が見られるのか不安でしたが、タイミングが良かったようでたくさんの鳥が見られました。まずはオオルリ。(Blue-and-white Flycatcher) ▼絶対見ておきたい夏鳥ですが、平地ではなかなか会う機会がないのですぐに出会えてラッキーです。 ▼この日は高台の木にオス2羽が同時に見られるシーンもありました。 ▼その近くに目の高さをちらちらと動くムシクイ類が。翼帯はかすれた2本、頭央線はありません。 ▼喉は抜けるように白く、脚は淡いピンク色。地鳴きはやや強めの「ピッ・・・ピッ・・・」です。 ▼頭が濃い灰色系で、体はカーキ色っぽく見え、以前離島で「頭と体の色が分かれてツートンカラーに見えるのはエゾムシクイ」と習ったことを思い出しました。 ▼声は聞こえど姿は見えずのエゾムシクイなので、オオルリにも増してラッキーな出会いでした。(Sakhalin Leaf-Warbler)