torinote.net
県北の山(2)~キビタキ&ガビチョウ | Tori Note -茨城の野鳥観察日誌-
5/2 県北の山で小鳥を探しました。 ▼オオルリのメスが樹上から低い桜の木を往来。キビタキのメスと違い全体的に長い体つきでやや褐色味があります。(Blue-and-white Flycatcher) ▼何度か出会ったもののじっくり撮れていなかったキビタキが登場しました。(Narcissus Flycatcher) ▼しかし、キビタキの奥では普段あまり姿を見せないガビチョウたちがゆうゆうと採餌に出てきています。(Chinese Hwamei) ▼どっちを撮ろうか迷ってしまいます。良いのか悪いのかわかりませんが、以前よりガビチョウは見やすくなってきた感じはしますが。 ▼キビタキもサービス満点できれいな色をよく見せてくれました。 ▼キビタキはさえずっているときより、声もなくひょこっと出てくるときのほうが撮りやすいというのが最近の確信…。