torinote.net
クロジの群れと遭遇 | Tori Note -茨城の野鳥観察日誌-
2/16-17 クロジの群れと遭遇しました。 ▼人が少なくなるまで木の陰で息を殺して待っていると、笹薮の中から少しずつクロジが姿を現し始めました。 警戒心が強いため、人の気配がしようものならすぐ飛んでしまいます。土日なので人の出入りが盛んなのは当たり前の場所なのですが、ようやく出てきたところを何度も飛ばれてしまい、そのたびに涙を呑みました。 ▼MAX8羽まで同時に視認できましたが、エリア全体には20羽ほどいたのではないでしょうか。(Grey Bunting) ▼今年はクロジが多いらしいとも聞いたのですが、茨城県内でこれだけ黒いクロジを複数羽見たのは個人的に初めてです。 ▼こちらはメス。アオジとそっくりで、腰の色がアオジとは違うといえど、暗がりで出会ったら識別は難しいな~と改めて感じました。 ▼午後の遅い時間帯になると人も減り、クロジも大胆に姿を見せてくれるようになりました。 ▼クロジのメス。帰ってから調べたところによると、クロジは外側の尾羽根に、アオジに見られるような白いラインがないのだそうです。 ▼こちらはアオジのメス。外側の尾羽根に白いラインが見えます。 ▼これだけクロジを間近でじっくり見られたのは久しぶりで、あまりの美しさにうっとり。心ゆくまで堪能できてありがたいポイントでした。 ▼初日に撮った動画、餌を探して食べているところです。