torinote.net
新年の池巡り~オオハクチョウ、アメリカヒドリなど | Tori Note -茨城の野鳥観察日誌-
1/1 初詣の帰りに池を巡りました。 ▼まずは自宅から徒歩圏内でオオタカを観察。正月から鷹とは縁起の良いスタートです。(Northern Goshawk) ▼I池を訪れると、オオハクチョウが20~30羽いました。餌をあげる方が多いので近くで見られます。 ▼カモたちも餌を巡って壮絶な奪い合いを繰り広げています。ホシハジロ、カルガモへ体当たり! ▼山方面はちょっとどころではなく不作ですが、コゲラはよく見えました。(Pygmy Woodpecker) ▼S池に行くと、なぜか水が抜かれ池が浅くなりヘドロの匂いが立ち込めていましたが、アメリカヒドリはまだいました。他にイカルチドリも。 ▼ここにもオオハクチョウがいて、なにか持ってませんか…?と聞かれました。子どもを抱えたハクチョウは立場が弱く、餌場でもなかなか十分な餌にありつけないと聞いたことがあります。