torinote.net
秋のタイ旅行記(2)Thai birding 鷹の渡りフェスティバル | Tori Note -茨城の野鳥観察日誌-
10/22 昨年の秋に訪れたタイの鷹の渡りツアーのもようです。 ▼マレー半島のくびれた部分、チュンポーン県(Chumphon)の北部に位置する海沿いのカオディンソー(Khao Dinsor)に、鷹の渡り観察センターがあります。 ▼絶好の鷹の渡りの観察ポイントである同地では、毎年秋にロシア~モンゴル~中国~日本などから繁殖を終えて渡ってくる鷹の群を見ることができ、ワンシーズンの総数は25万から50万羽にもなります。 ▼ちょうど秋の鷹の渡りフェスティバルで盛り上がっているタイミングに合わせてお邪魔しました。 今は、シンボルにもなっているクロカッコウハヤブサの渡りの最盛期でもあります。 ▼フェスティバルの会場から30分ほど急坂な道を登り、たどり着いた東屋に腰を据えて、上空を飛ぶ鷹たちを観察しました。ツミ。(Japanese Sparrowhawk) ▼ただでさえ識別の難しい猛禽類ですが、本州では見られない種類も混じっており、オン・ザ・ジョブ・トレーニングで覚えていくしかありません。翼の先が黒いアカハラダカ(Chinese Sparrowhawk)。ライファー。 ▼クロカッコウハヤブサ(Black Baza)が飛んできました。定期的に十数から百羽の群れを形成して飛んできます。 ▼クロカッコウハヤブサは、単体で見ると、驚くほど美しい鷹です。 今回の旅は、この鳥を見に来たと言っても過言ではありません。 ▼下面はモノクロですが、背中は赤紫がかっています。 本日の総数1768羽のうち、735羽はこのクロカッコウハヤブサが占めていました。 ▼尾が短めなのでツミ若鳥だと思います。この日は97羽も出ました。 ▼アカハラダカ若鳥。アカハラダカはオスもメスも若も翼の先が黒いのでかなり分かりやすかったです。 ▼スキハシコウの群れも渡っていきました。鷹以外にもサンショウクイやツバメの仲間などたくさんの鳥が渡っていくのを見ることができます。(Asian Openbill) ▼この日4羽しか見られなかったヒメクマタカ(Booted Eagle)。 総数のほとんどを占めるサシバやクロカッコウハヤブサの中にこうして珍しいものが登場すると、伝令のような声が聞こえてきて上を下への大騒ぎになります。 ▼立て続けにヒマラヤノスリも渡っていきました。(Himalayan Buzzard)