torinote.net
久慈川の河口~カモメ、ウミウなど | Tori Note -茨城の野鳥観察日誌-
12/22 久慈川の河口で観察しました。 ▼河口にはびっしりとカモメの仲間が集まっています。数日前まであまり見られなかったとのことなので、ここ数日でぐっと増えたようです。 ▼セグロカモメが一番多く、次にウミネコ、オオセグロカモメが少々、時折カモメも見られ、久しぶりに沢山のカモメの仲間を観察できました。 ▼カモは、ヒドリガモが多く見られましたが、昨年まで見られていたアメリカヒドリの姿は今回ちょっと見えませんでした。しかし、ウミアイサのオスを今季初めて観察。 ▼イソシギ(写真)、タヒバリなどの水辺の鳥や… ▼ウミウもばっちり見ることができました。(Japanese Cormorant) ▼さらに、ウナギ!?と格闘するウミウも。上流の草地ではツグミやカワラヒワなどの小鳥もおり、種数の多い鳥見となりました。