torinote.net
稲敷のアシナガシギと(2) | Tori Note -茨城の野鳥観察日誌-
10/3 アシナガシギを観察しに稲敷に行きました。 ▼ハマシギやキリアイのような長く下に向いた嘴が特徴的です。 ▼デジスコ連射していると、オオハシシギにちょっかいを出されて突然飛び上がりました。 それが唯一のアシナガシギの黄色い脚が写った写真になりました。 ▼万歳すると、体に比していくぶん長い印象の翼の全体が見えました。 ▼そのほかのシギたちの様子です。すました顔のセイタカシギが器用に頭を掻き出しました。 ▼アカアシシギが一羽だけいました。半逆光だったので現場ではツルシギと迷いました。 ▼セイタカシギとコアオアシシギはいずれもスマートな美シギです。 ▼オグロシギは初見なので観察できてとても嬉しかったです。嘴のピンク色が目を引きました。 ▼写真の片隅にオグロシギの特徴的な翼の白帯や尾羽根の黒部分が写っていました。