tokyo-factory.com
映画『THE GUILTY』を観る。
映画『ギルティ』を観た。 劇中の会話の95%が主人公と誰かとの電話によるものという、とても特徴的な映画。 視覚を完全に奪った中で観客を欺くオチとその後に残る嫌な感じ(後述するが主人公と観客の共犯関係)は、この映画でしか成し得ない体験だと思う。 その点に関しては見事だった。 映画を観ながら視覚情報について考えるということは、例えばキューブリックや最近で言うとウェス・アンダーソンみたいな完璧な構図を前にしてという時が常だと思うが、今回のように完全に情報を遮断された時に、如何に人間が視覚に頼っているかということを改めて感じさせてくれた。 例えば、少し前に視覚障害者の方のために映画に音声解説を入れ