tokyo-factory.com
映画『きみの鳥はうたえる』を観る。
「きみの鳥はうたえる」を見た。 素晴らしかった。良い映画を観れたという実感が強く残った。 主人公である“僕”のバランス感覚に好感を抱いた。純文学作品の映像化となると、主人公の偏屈さだったり欠損(その痛さこそがチャームでもあるが)がどうしても目立ちがちだが、本作の“僕”にはそれがあまりみられないような気がした。 行動の動機や生活における力の配分、人との接し方など、とてもバランス感覚に優れている。だからこそ彼を含む佐知子と静雄との関係は永遠に続くはずだったし、彼が最も望んでいたことがそれだったのは冒頭のモノローグからも自明である。 ただ、そんな事はあるはずもなく、この物語でも“僕”の感覚では