tokyo-factory.com
小説『サリンジャー的、サルトル的 ー Like Salinger, Like Sartre』(抜粋)
東京、2018年。 サルトル好きの青年とサリンジャー好きの女の子が出会った。 中国人の女の子、白人の青年、ケイト・スペードの死、ドストエフスキー『罪と罰』とハイデガー『存在と時間』、ヒッピーの青年、シティ・ボーイの青年。 渋谷の街でぼくは10年という時が過ぎ去ったのを感じた。 ぼくらはまた歩きはじめた。 モール内の有線放送では、The Mamas & the Papasの『California Dreamin'』が流れていた。 ぼくはふと、むかしのことを思い出した。それはいまから10年前の風景だった。 その頃のぼくは、東京の端にある公立大学に通っていて、調布の安アパートにひとり