tokyo-factory.com
2018年のエイプリルフール
米国株式の現在の状況は1929年・1987年・1990年という歴史上の3大崩壊に非常に似ているというニュース記事と、中国経済は日本のバブル崩壊直前と酷似しているとニュース記事に目を通した。 そんなことはいつも言われているのだろうが、しかし、大正・昭和の終わりのように、元号の変わり目だなという感じが強い。 けれど、春の日差しの中、待ちゆく人々の顔にはうきうきとした気持ちが表れ、新宿御苑には満開の桜の花を見に来た人たちが溢れていた。 今夜はブルームーン。2018年最後のブルームーン、次は2年半後の2020年ということだ。 「極東の火薬庫」からはじまった第三次世界大戦は前世紀の二度の世界大戦