tokyo-factory.com
木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』初回/第2話を観る。
『BG~身辺警護人~』初回。 「アイムホーム」以降、主人公感のない主人公を演じるようになったキムタクだが、本作もキムタクが演じる主人公としてはかなり地味。 共演者との兼ね合いやプロットの精緻さでキムタクのアクを抑えようとする手法には、もはや新しさはない。 ただ、翻ってここがテレ朝の狙いでもある。 今のテレ朝ドラマは数字だけをみると、視聴者を取り込むこと最も成功している。それは、ドラマ自体が目新しさや複雑さを捨て、いかに安定した高いクオリティを維持するかのみを目指している結果だろう。本作もその大きな潮流の一つとして見て取れる。 井上由美子の脚本に破綻は考えにくく、このまま抜群の安定感で最