tokyo-factory.com
映画『パターソン』を観る。
これは日常を描いた映画だ。 何気ない日常、何気ない毎日、 小さな心の揺れ。 それでも大切な日常。 愛すべき人たち。 しかし、僕らは愛を失ったら、生きてはいけないだろうか? その時、僕らは意味を失い、バラバラになってしまうだろうか? 何でもない日常。 そして、僕らは何者でもない。 せめて、詩人のように生きられたら。 "ニュージャージーのバス運転手" しかし、それは詩的な響きではないか? "俺 もう俳優だから" まさに、そうだといえるのではないか? すべての日が、すべての人が、すべての瞬間が、詩的な輝きで語られる可能性に満ちている。 最高に笑えるシーンは、バスの中での労働者風の2