to-y.net
【ネタバレ】秒速5センチメートル 新海誠のテーマは変わらずせつない | And Yet, It Does Move. @QP Jun
新海誠のテーマはここにあったのか! 「君の名は。」スタートですが、いまさら「秒速5センチメートル」見てしまいました。 huluでみつけたので、「秒速5センチメートル」と「言の葉の森」を立て続けにみてみました。 ネタバレ開始 おおざっぱなあらすじは、3部構成のせつない「運命」、儚い「絆」あたりをベースに、大きな流れの中にある、それぞれの「人生」を、いろいろな目線で見る感じの物語。 第一話「桜花抄」 小学校で出逢い、お互いになにかを胸に感じたまま、卒業とともに離ればなれになった「遠野くん」と「あかり」。 卒業してしばらくは、まだ電車で会いに行ける距離だったはずが、九州へと引っ越すことになった遠野くんが、あかりに会いに行くその再会の日のお話。 第二話「コスモナウト」 その後の、九州に行った高校3年生の「遠野くん」を、同級生の「かなえ」の目線で見たお話。 やさしい「遠野くん」を切ないほど好きになる「かなえ」だが、「遠野くん」自身もきづいていない「遠野くん」の中にあるなにかが、二人の距離をへだてる。 第三話「秒速5センチメートル」 そして、社会人になった3人の「それぞれの今」を、山崎まさよしの「One more time, One more chanec」でつなぐ物語。 といった、三話構成の連作アニメーションです。 主題歌 山崎まさよし One more time, One more chance 勝手な解釈開始 「君の名は。」同様に、「絆」「運命」「時」がテーマの物語。 「君の名は。」の勝手な解釈でも上げたように、おそらく二人は、出会いと別れを何世代も繰り返し続けている、「運命の絆」におどらされているのだろう。 現世での出会いは小学生時代。 転校生同士というだけではない共通の記憶から、自然とよりそう。 しかし小学生の感性ではまだそれに気づかない。 出会いが早かったのだ。 そして、卒業、引越しによる別れ。 なんとなく、ずっと一緒にいるだろうと思っていた二人。 引越す「あかり」は、電話で泣きながらあやまる。 大人の社会によって離ればなれにされてしまうことをあやまる「あかり」 くやしくても、まだどうしようもないことをうけいれられない「遠野くん」 卒業後、何の約束をするでもなく毎日あっていた二人が、会えなくなった寂しさを感じていく。 東京と栃木という、微妙に遠い距離。