to-y.net
ネットにはびこる「間接自慢」・・・こそこそしないでぜひとも「直接自慢」を!! | And Yet, It Does Move. @QP Jun
「間接自慢」って? ネットにはびこる「間接自慢」 facebookをはじめとしたSNSやブログ。 そうは言っても、そんなに書き込むネタがあるわけではありません。 どうしたって、料理の写真や、おでかけした先の風景、買い物したものの紹介って感じになっていきますね。 そういう写真を、「こんな美味しいものたべたよ〜」って載せながら、料理の奥に人物の一部をいれて、「デート中!」だったりする投稿。その写真に隠した自慢が「間接自慢」。 2年ほど前から賛否が別れていますね。 「綺麗な夕焼け」の写真が、すみに写っているポルシェの自慢だったり、「ネイルが綺麗にできた」な写真が、中指にはまってる大きな指輪の自慢だったり。 ハッ!それって俺やってる(^_^;) そう思い当たる方も少なくはないはず。 そのそもSNSやブログは自慢するためのもの facebookを始めとしたSNSやブログなんてものは、自分のイメージを自ら確定させるツールなんですもの。 リアルではそうそう頻繁に会うことがなくても、ネットに書き込めば自分のイメージを一瞬で世界中に発信できるんですもの。 自分をどんどんアピールするべきですよ。 もともと、奥ゆかしさや控えめを良しとするニッポン人。 なかなか、自分を自慢することはできないし、また他人の自慢で嫌な気持ちになっちゃう気質なんですよね。 そこをいくと、USAを始めとした欧米の方々や、アジア諸国の方々も、自慢をしてナンボ。自慢は自己アピールであり、自己アピールが出来ないひとはダメな人みたいな風調さえあります。 そんな世界でうまれたSNSですから、自慢メディアであることは間違いないでしょう。 というか、自慢するためのメディア、自慢するためのコミュニティ。自慢して、自慢を受け入れ、さらに自慢するといったコミュニケーションで成り立ってるんじゃないでしょうかね。 賛否両論!! 自慢をすることは、おおいに結構! 自慢することによって、自分をアピールするチカラがついたり、自分の精神状態をいい方向に持って行ったりできます。 なぜ賛否が別れるのか? それは、やはりコソコソした感じを周りに与えることが、人によっては受け入れ難いことなのでしょう。 自慢するなら堂々と! ただいろんな状況で、それを公に伝えにくいこともありますよね(^_^;)