tangaichiba.jp
旦過市場発生以前(明治中期~)の小倉の様子
旦過市場発生以前(明治中期~)の小倉の様子現在の小倉北区の中心商店街は昔の「魚町筋」を軸に出来ているが、この魚町の繁栄は古く、江戸時代には城下町の商店街として落ち着いた構えの商屋が軒を連ねていたという 明治20年代、小倉で最も華やかだった通りは、当時の国道であり、中津口から入り、紺屋町、そして鳥町に折れ、京町に突き当たり、左に折れ、京町から常磐橋を渡り室町に出て、戸畑に続いていたので、鳥町筋が本筋であった。 また大正24年(1891)の...