taiwan-learningchinese.com
澎湖島への行き方 | カリンの宿(花梨客棧)
※まずはこちらの記事からご覧ください。 アクセス方法 日本から飛行機で台湾にいらっしゃる場合、特殊な場合を除き、桃園空港、松山空港、高雄空港のいずれかの空港が到着地点となります。 交通手段 飛行機と船の2通りの方法があります。 飛行機 澎湖島の島民および観光客が普段島を行き来する手段として 国内線の飛行機を利用するのが一般的です。 観光シーズンはチケットが取れずキャンセル待ちとなる可能性もありますので 当宿では、お早めのご予約をおすすめしております。 ※国内線には基本的に預け荷物が含まれますが、10kg以上は超過料金となります。 1kg超過ごとに約15元かかります。 例)15kgの場合、超過料金は約75元。 ※すでに宿をご予約済みの方で、チケットの手配でお困りの場合、LINEにて気軽にご相談ください。 就航している路線としては以下の4社です。 (2018/9月現在) 船 ※2018年3月現在 嘉義の布袋という港から高速船に乗ることで澎湖へ来ることが可能です。 時間はおよそ80分です。 また、高雄からも交通船で来ることが可能ですが、時間が4~6.5時間となっています。 詳しくはこちらをご覧ください。 なお、当宿ではこの方法をおすすめしていません。 なぜなら、時間がかかる上船酔いの心配もあるからです。 船と飛行機でしたら価格はさほど変わりませんので、飛行機でお越しいただくことをおすすめいたします。